本館 12F
茶カフェ

京はやしや

江戸時代から、お茶一筋。
老舗が手掛ける
本気の抹茶スウィーツ

本館 12F茶カフェ

京はやしや

SCROLL INTRODUCTION

元祖「抹茶パフェ」をはじめ
和洋の抹茶スウィーツが勢ぞろい

江戸中期創業の京都の老舗茶舗『林屋』が手掛けるカフェ『京はやしや』。抹茶パフェの元祖としても知られる同店では、抹茶ドリンクや抹茶スウィーツなど、多彩な抹茶メニューが勢ぞろい。京都ならではのあんかけうどんなど、食事メニューも充実しています。

HISTORY

京はやしやの歴史

江戸中期に茶商として創業し、
茶業界に革命を起こす

「京はやしや」の歴史は古く、創業は1753年。初代・林屋新兵衛が加賀・金沢で茶商を始め、3代目の1878年に、茶の栽培に適した京都・宇治に移り、自ら茶の栽培・流通までを一貫して手掛けるようになりました。「新しいことにどんどん挑戦する」という社風は創業当初から一貫して変わらず、3代目は煎茶の茎を利用した「棒茶(ほうじ茎茶)」を開発。続く4代目は、1918年に「科学研究所」を設立し、現在の粉茶のもととなった「茶エキス(茶精)」や、ビタミンを多量に含んだ「新緑茶」など画期的な商品を次々と開発するなど、今日の茶文化に至る革命を起こしてきました。

若い人が気軽に抹茶を摂れる
抹茶スウィーツを次々と開発

日本茶業界のさらなる発展を目指した5代目は、「茶葉をまるごと体内に取り込むことができる」という抹茶の優位性に注目し、「若い人が気軽に、楽しく茶を摂取できるように」との思いから、本当の意味での「茶を喫する」店づくりを決意。喫茶店全盛の1967年、コーヒーやコーラのない日本茶専門の「喫茶京はやしや」を京都市中京区三条に開業しました。「いかにして抹茶を身体に取り込んでもらうか」を発想の原点に、最初に開発した「抹茶ミルク」は、現在もお店の人気メニューに。その後、日本初とされる「抹茶パフェ」をはじめ、抹茶わらび餅や抹茶ゼリーなど新感覚のスウィーツを開発し、現在では和スウィーツの先駆け的存在として全国に知られています。

PROFESSIONAL

こだわり

石臼挽きの香り高い抹茶を
スウィーツに惜しみなく使用

「京はやしや」では、すべての抹茶スウィーツに、石臼挽きの抹茶を使用しています。摩擦熱が生じないようにゆっくりと石臼で挽く抹茶は、1時間にとれるのはわずか40gほど。その分、抹茶の香りがしっかりと残り、粒子が細かく口どけのよい抹茶になるといいます。さらに、抹茶には数百もの種類があり、その中からそれぞれのスウィーツにどんな抹茶が最適かを専属の茶師と相談し、焼き菓子、ゼリー、わらび餅などで使い分けるというこだわりようです。
お茶の厳しい選定はドリンクも然りで、例えば「抹茶ミルク」に使うのは、ミルクと相性のいい渋みの強い「千代の白」。ほうじ茶は、ミルクと合わせる場合は焙煎度の高いものを使うなど、用途に合わせて焙煎度合を変えているそうです。

抹茶スウィーツの礎を築いた
元祖「抹茶パフェ」

今や「京はやしや」の代名詞ともなっている「抹茶パフェ」の誕生は、1969年。1号店の「喫茶京はやしや」では、メニューの柱はお茶で、フードはお茶と一緒に出す干菓子のみだったことから、創業後しばらくは集客が伸び悩んでいたそう。そこで、新しく甘味を出してみようということになり、当時流行っていたパフェに抹茶を使ってみては、という社長の提案から生まれたのが「抹茶パフェ」なのだそうです。古来より茶道の茶席で飲まれてきた抹茶をスウィーツに用いることは、当時はかなり前衛的なアイデアだったとか。現在では、抹茶ロールケーキや抹茶チーズケーキ、抹茶の葛ねりなど様々な抹茶スウィーツを販売しており、テイクアウトでもいただけます。

STAFF

スタッフ紹介

店長三橋さん

つねに新しい抹茶スウィーツを
考えています

栄養士の資格をもち、もとは料理人だったという三橋さん。お客様の顔を見ながら調理ができるカフェの仕事を希望し、2004年に「京はやしや」に入社。店長職を経て、現在は商品開発部で抹茶スウィーツの開発にも携わっています。お茶の知識を深める一方で、新商品開発のための情報収集にも努め、抹茶と合う素材のヒントを求めて異業種の飲食店にもよく足を運ぶといいます。「近年は、原点回帰で日本の伝統的な食材との組み合わせに注目しています。今後も『京はやしや』の抹茶スウィーツを楽しみにしていてください」。

SHOP INFO店舗情報

茶カフェ 京はやしや

フロア
本館 12F
電話番号
03-4531-4173
席数
52席
店舗詳細ページ
https://www.restaurants-park.jp/restaurant/?id=272
公式サイト
https://kyo-hayashiya.jp/
テイクアウト
ソフトクリーム『抹茶ソフト』550円、ドリンク『本日のほうじ茶』275円、『和ピオカ抹茶ミルク』687円 など多数ご用意しております。

2021年9月更新
料理の価格・内容は、上記更新日時点のものとなります。
※食物アレルギーがご心配なお客様は、スタッフにおたずねください。

  • 当サイトの表示価格は、消費税を含む総額で表示しております。
  • 商品のご利用方法により税率が変更となる場合がございます。
  • サイト内コンテンツの過去ログ等については、掲載時点の消費税率(5%または8%)で表記している内容が一部ございます。
  • 詳しくは各店舗までお問い合わせください。