本館12F
点心

鼎泰豐(ディンタイフォン)

本場台湾の味を、
忠実に再現。
質の高い接客も評判の
小籠包専門店

本館12F点心

鼎泰豐(ディンタイフォン)

SCROLL INTRODUCTION

お店で作りたての小籠包を
洗練された空間で楽しむ

本店のある台湾を中心に、世界中で愛されている「鼎泰豐」。看板商品の小籠包は、薄皮に旨味たっぷりの具と肉汁が包まれており、多彩な具材のバリエーションも魅力です。評判の理由は、手づくりにこだわり、徹底した品質管理によって本場の味や雰囲気を忠実に再現している点にありました。

HISTORY

鼎泰豐の歴史

世界に羽ばたく
「鼎泰豐」の海外1号店

小籠包を看板商品に、世界に180店舗以上(※2021年2月現在)を展開する「鼎泰豐」。1958年、台湾台北市で食用油を取り扱う油問屋として創業し、1972年より小籠包などの点心料理の販売を始めました。新宿店は、その海外1号店として、1996年にオープンしました。当時、台湾にいた高島屋の駐在員が本場の味に惚れ込み、熱心なオファーにより出店が実現したといいます。台湾の雰囲気を再現した店舗は、天井が高く開放感溢れる雰囲気。日本国内の店舗で唯一、テラス席があるのも魅力です。また、小籠包をはじめとする点心は、ガラス張りの厨房で仕込んでいる様子を外の通路からも見ることができ、五感で楽しめるテーマパークのような造りとなっています。

厳格な商品管理で、
美味しさを担保する

看板商品の小籠包は、いつも同じ味をお客様に提供できるように厳格にレシピが管理されており、厨房では0.1g単位の量りを用いて調理を行ない、品質の安定化を図っています。加えて、「つくりたての美味しさ」にも徹底してこだわっており、生地は練り終わって1時間以内、具を包んで成形してから40分以内に提供することが決まっています。小籠包に限らずすべてのメニューは、台湾から年に1~2回訪れる巡回指導員が厳格にチェックするのも、オープンしてからのしきたりです。こうした厳しい規定があるからこそ、高いクオリティで本場の味が守られているのです。

PROFESSIONAL

こだわり

職人技による極薄の生地×
具材の旨みの黄金比率

「鼎泰豐」の小籠包の最大の特徴は、中の具が透けて見えるほどの薄い生地にあります。生地は直径6.5cm、重量5.0gという基準があり、具を包む時にできるひだの数も18と定められているといいます。オーソドックスな豚肉の小籠包の場合、1枚の生地に対して具は16g。このバランスが、ひと口で最も美味しく味わえる黄金比率なのだそうです。美しく整った形状をまずは目で楽しみ、レンゲにのせてそっと口へ運べば、生地に閉じ込められた旨味たっぷりのスープが口中を満たし、幸せな余韻が広がります。

日本人の好みに合わせた
メニュー展開

「鼎泰豐」は、台湾のメニューを基本としながら、世界各国の店舗でそれぞれの国にあったメニューも柔軟に取り入れており、新宿店には日本オリジナルのメニューも数多くあります。その代表例が、パリパリの羽根つきで焼き上げる『えびと豚肉入り焼き餃子』(1,056円)。台湾には焼き餃子の文化はありませんが、日本では根強い人気があることから導入され、現在は日本から逆輸入の形で台湾の店舗でも出すようになりました。単品メニューは約80品あり、どれにしようかあれこれ悩むのも楽しみの一つとなっています。

STAFF

スタッフ紹介

新宿エリアマネージャー高橋さん

“三度空間”で、細やかなおもてなしを

洗練されたサービスも魅力の「鼎泰豐」。新宿エリアマネージャーの高橋さんいわく、店づくりにおいては"三度空間"という心構えを全店共通の認識として大事にしているそうです。“三度”とは、「温度」、「速度」、「態度」のこと。「たとえば『温度』は、料理の提供温度はもちろん、客席の体感温度のことでもあり、店内に温度計を置いて一定の室温になるように管理しています」。また「速度」では、提供スピードだけでなく、接客の際に歩く速度や、会話の速度にも気を配っているそうです。サービススタッフ全員の細かな気配りが、また来たくなるような居心地のよさを生み出しているのです。

SHOP INFO店舗情報

フロア
本館12F
電話番号
03-5361-1381
席数
172席(内、テラス52席)
※テラス席は気象状況等により閉鎖する場合がございます。
店舗詳細ページ
https://www.restaurants-park.jp/restaurant/?id=28
公式サイト
http://d.rt-c.co.jp/
テイクアウト
『小龍包』4個 545円 / 6個 817円、『野菜と豚肉入り蒸し餃子』4個 623円 / 6個 934円、『えびと豚肉入り蒸し餃子』4個 623円 / 6個 934円、『えびと豚肉入り焼き餃子』6個 934円、『えびと豚肉入り焼売』4個 661円 / 6個 992円、『もちごめと豚肉入り焼売』 4個 623円 / 6個 934円、『豚肉入りチャーハン』972円、『えび入りチャーハン』1,070円、『ずわい蟹入りチャーハン』1,264円、『えびと豚肉入りチャーハン』1,264円、『パイクーチャーハン』1,361円、『鶏肉の唐揚げユウリンソース』681円、『骨付き豚肉の香り揚げ(パイクー)』875円

2021年3月1日更新
料理の価格・内容は、上記更新日時点のものとなります。
※食物アレルギーがご心配なお客様は、スタッフにおたずねください。

  • 当サイトの表示価格は、消費税を含む総額で表示しております。
  • 商品のご利用方法により税率が変更となる場合がございます。
  • サイト内コンテンツの過去ログ等については、掲載時点の消費税率(5%または8%)で表記している内容が一部ございます。
  • 詳しくは各店舗までお問い合わせください。