新宿駅直結!「呑む」レストランズパーク

レストランズパーク Restaurants Park

サシのみ、女子のみ、宴いろいろ。行きも帰りもラクチンな、レストランズパークで「呑む」を愉しむ

「呑む」レストランパーク

焼肉、豚かつ、すき焼・・・と、肉を主役に酒を呑む。夏バテ知らずの、新宿パワーグルメを制覇せよ!

pagetop

〝その日の一番〟が待つ店で、
特上赤身を赤ワインとともに。
14F 焼肉トラジ

触れればもっちりとした感触を返すであろう赤身肉がテーブルに運ばれて、肉ラヴァーズから声にならないどよめきが巻き起こる。
肉といえば、焼肉。日本全国から“その日一番いいもの”を仕入れる目利きトラジで、贅を極めた肉食の夕べを。

肉好きに向け「まずはこれ」と、菊池店長が指名したのは、一瞥するだけで上質さが窺える厚切りの「特ヒレ」(2,300円)。150gというが身が詰まっているからか、より大きく感じられる。しかも、“特”である。あの巨体から3kgほどしかとれない、そもそも希少なヒレの中で “別格”のお墨付きを得た肉だからこそ、脂の後押しは不要。むしろ、その強さにバリアされることなく肉本来の旨味が堪能できるという。
今宵はベリー系に香り立つメルロー種の赤ワイン 「バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド」(グラス 600円)で。強い果実味と程よいタンニンを感じる、芳醇でまろやかな一杯を相棒に、赤身の力強さと繊細さの二面性に酔いしれたい。焼き過ぎは禁物だ。レアで柔らかさと奥行きある味わいを楽しもう。

選ばれし肉との一期一会の出会いがくれる肉ラヴァーの口福を、心ゆくまで。

※単品メニューはサービス料別途10%

ビール ワイン 日本酒 焼酎 ウイスキー サワー カクテル その他

トラジ生マッコリをはじめ、マッコリは数種あり。また、ハイボールは竹鶴を使用する

[写真左] 名物“生”タン塩 1,400円8mm厚さのトラジ名物は、旨味成分が壊れないよう摂氏0度を保って輸送。しっかり熱した網にそっとのせ、強火で肉汁を封じ込めたらひっくり返して今しばし。ふちの焼き目が上がりの合図だ。たれもそこそこに、スパークリングワインで流し込むのが「呑む」的食し方。
[写真右] ブランド和牛 時価肉は日本全国から厳選仕入れ。店前にも今日食べられる肉の情報が開示してあり、何より入口を向いて設えられるガラス扉の冷蔵庫の中、縦横無尽にサシを走らせる塊肉が、産地を記した木札の隣りで横たわる。詳しくはスタッフまで。
※単品メニューはサービス料別途10%

焼肉トラジ

かつにするから甘い、旨い。
ビールとの最強タッグで金華豚。
14F 名代とんかつ かつくら 京都三条

肉重視なら、「山形産 金華豚ロースかつ膳(160g)」(3,080円)。釜焼き生パン粉の花咲く衣をサクッと超えると、キメの細かい平田牧場産金華豚から上品な甘味・旨味があふれ出し、スーッと歯を通す潔さも心地いい。

かつが揚げ上がるまでの待ち時間は、ソースに加える胡麻を準備するのがここの流儀。当たり鉢でゴリゴリザリザリ、煎り胡麻を好みのあんばいに当たっておくのだ。「極粗めの方もいれば、練り胡麻状にする方もいらっしゃいます」と、スタッフの林さん。
そして、胡麻が準備万端になった頃、「ザ・プレミアム・モルツ樽生」(650円)に続き、待った分さらに美味さが増した、かつの登場だ。
分厚い一切れを頬張ってゴクリと喉を潤せば、かつならではの旨味がホップで弾けて胃袋に沁みわたり、鼻から脳天へと芳香が突き抜ける。

押し麦を2割混ぜるごはん、キャベツ、濃い出汁に和がらしが効く味噌汁はお替り自由。昼呑みは御膳、夜は単品の「金華豚ロースかつ」(2,880円)にごはんと味噌汁の「膳セット」(300円)をプラスして。
かつでなければ引き出せない肉の味を、ここではとことん噛みしめたい。

ビール ワイン 日本酒 焼酎 ウイスキー サワー カクテル その他

京野菜を多用するなどの一品料理も多いので、ビール以外の酒もいろいろ試したい

[写真左] 大海老かつ&蟹クリームコロッケ 960円+660円食べ応え十分の大海老のかつと、ベシャメルソースと絡む蟹のほぐし身たちが衣の中からトロッとあふれ出す蟹クリームコロッケ。海の最強コンビもぜひ酒肴に。海老は白ワインビネガーが効くタルタルのほか、すっきりした旨味が広がるロレーヌ岩塩も合う。
[写真右] ソーセージ盛合わせ 840円平田牧場のソーセージ3種はいずれも香辛料が控えめで、噛むたび肉の旨味が沁み出す。ビールではなく、ここはサラッと飲みやすい日本酒、玉川 純米吟醸 祝(一合 900円)で。京都生まれの酒造好適米・祝のさっぱりした甘味がソーセージを包み込む。

名代とんかつ かつくら 京都三条

日本の肉料理の代表、
老舗のすき焼を〝最愛の〟酒で。
14F 人形町 今半

ウイスキーに近い濃色の日本酒「壺中有天」(四合瓶 5,400円 / 一合 1,512円)を従えるのは、「特撰 すき焼」(8,100円)。出汁香る特製割下で味わう日本の肉料理が、見る見る溶け出す人形町今半黒毛和牛のロースのサシも露わに、肉好きを翻弄する。

熱々の鉄鍋に熱せられて割下が泡立ち始めたら、肉の出番。すると、少し尖った醤油を香らせていた湯気が急転直下、上質な肉が特権的に持つ“あっさり”濃厚な香りへとドラマチックにシフトする。
軽く溶きほぐした生玉子へと、焼くように炊いたその肉をくぐらせて口に運べばスーッと溶けてなくなって、あとには甘やかな香りが残るのみ。そこへ壺中有天を流して、大人の至福。
2000年から代を重ね、15代目というこの酒は、骨太な酒造りで知られる広島・竹鶴酒造とのコラボで生まれた、人形町 今半でのみで呑めるオリジナル。竹鶴の持つ原酒から“すき焼に合う”をテーマに選びブレンドするが、その色同様、独特のクセを持ち、味わい深い。
姿勢を正して食べたい老舗のすき焼との相性のほど、酒好き・肉好きならば試さない理由は、もはやない。

※17:00以降はサービス料別途10%

ビール ワイン 日本酒 焼酎 ウイスキー サワー カクテル その他

竹鶴とのコラボで生まれた「壺中有天」が味わえるのは人形町 今半のみ

[写真左]特撰 しゃぶしゃぶ 8,100円人形町今半黒毛和牛のロース肉に豆腐や白菜、季節の野菜、〆の中華めんなどが付く。山口・周防大島産の青取り本橙を絞るポン酢と、胡麻が濃厚に香るごまだれで。通の間で評判の餅は季節で替り、秋は毎年人気の柚子。
[写真右]白穂乃香 864円活きた酵母がそのまま残る“無濾過”が味わえる特別なビール。「10ℓ樽の開封後、48時間で使い切る」など、徹底した品質管理が必要とされ、飲める店は限られる。酵母が醸し出す上品な香りと味わい。クリーミーな泡と酵母で白濁し、レモン色を感じさせるビジュアルも華やか。
※17:00以降はサービス料別途10%

人形町 今半

第一幕はたんとロースで赤ワイン。
〆はとろろで麦めしをかき込んで。
13F ねぎし

一人で気軽に、あるいは家族連れで――そんな夜を肉と酒でもてなしてくれるといえば、ここ、ねぎし。
あっさりした旨味で女性にも人気の牛タンを、とろろ、麦めし、テールスープとの取り合わせで楽しませるねぎしでは、セット注文が基本。呑兵衛にはいささか不利かと思いきや、肉や三種盛りの小鉢でまず酒をやり、麦めしにとろろをかけて〆にかき込む強者は少なくないそうだ。

肉好きならば、本家のたんに加え、ガツンとくるロースがいっしょに味わえる「牛たん&ロースセット」(2,380円)を。
安定の美味さのたんは厚切りの“しろたん”が2枚(4切)、ペッパーやマスタードの実などを合わせたシーズニングハーブに漬け込んで焼くロースが3枚入り、酒が進む。
合わせるべきは、濃いルビー色が特徴のサンジョヴェーゼ種100%の赤、「サンマリネージ・カステッリ ロッソ」(250ml 820円)。酸味、渋味ともに程よく、やさしいたんにも、強めのロースにもどちらにもしっくりくる。

十分に酒を愉しんだら、あったか麦めしとスープ、とろろをサーブしてもらい、〆の第二幕といきたい。麦めしはお替り自由だ。

ビール ワイン 日本酒 焼酎 ウイスキー サワー カクテル その他

[写真左]牛たん三種盛りセット 2,380円白たんの薄切り「ねぎし」が2枚、「しろたん」と呼ばれる白たんの厚切り4切れに、歯応えと肉本来の旨味が凝縮する薄切りの赤たん「がんこちゃん」4切れが一皿に集う。3種のたんの食べ比べができ、たん好きならばコレをまず。上段の「牛たん&ロースセット」同様、とろろ、麦めし、テールスープの3点セットに加え、サラダと甘味が付く。
[写真右]ねぎしセット 1,680円創業以来の変わらぬ味、店名を名乗る白たんの薄切り「ねぎし」が5枚。約400度の網の上で約1分、時間とタイミング勝負の看板メニュー。薄さを活かし、麦めしを巻いて食すのも美味い。

ねぎし

素朴な肉料理をチョイスして、
〝昼呑み〟のベルギービール。
14F ベルジアン ブラッスリー コート ブルージュ

「平日限定ランチ 選べるプリフィクスコース」(1,980円~)で食べられる「ハーブ三元豚肩ロースのソテー ブルギニオンバターとオニオンソース」の、食欲そそるビジュアルと香り。ベルギービールを使うオニオンソースにブルギニオンバターが濃厚味を添え、ハーブ三元豚の脂の甘味を際立たせる。かの国の家庭に招かれたような温もりは、ベルギー伝統のジャガイモ料理、ストゥンプが脇を固めるからか。

さて、クラシカルなベルギー製特注タワーで注がれる樽生から選ぶ最初の一杯は、これ、「ヒューガルデンホワイト樽生」(950円)。オレンジやコリアンダー、りんごやアプリコットに似た香りと爽やかな酸味が特徴のこちらは小麦を使用したホワイトビール。クリーミーな泡、フルーティーな香り・・・昼呑みの集まりは平日に企画するといいだろう。

このランチコースはリストから前菜とメインを1品ずつ、もしくはメインとデザートを1品ずつ選ぶ1,980円コースと、前菜、メイン、デザートを1品ずつ選ぶ2,980円コースがあり、いずれも天然酵母を使用したパン6種がお替り自由。女子会に最適だ。

ビール ワイン 日本酒 焼酎 ウイスキー サワー カクテル その他

ワールドドラフトマスターズ日本チャンピオンが注ぐベルギービールの樽生のほか、50を超えるベルギーの瓶ビールが揃う

[写真左]産地直送!ムール貝の白ワイン蒸し half 1,400円 / Full 2,400円ベルギーで多用される食材・ムール貝を、旬を迎えた大粒でプリッとした国産にこだわって使用。ベルギー直輸入のキャセロールの中、香味野菜と白ワインでシンプルに蒸し上げる。名物のフライドポテトを一緒に注文し、ベルギー流を楽しみたい。おすすめソースは“セロリソルト”。
[写真右]東八野菜のロースト 煮詰めたバルサミコソースで 1,250円山梨県の旧東八代郡で栽培される東八野菜をローストで。手塩にかけて育てられた減農薬野菜は入荷のときどきで内容がかわり、初めて食す野菜に出会うチャンスあり。バルサミコソースが素材の味を引き立てて。

ベルジアン ブラッスリー コート ブルージュ

「肉ラヴァー」 ならこの2店も!