新宿駅直結!「呑む」レストランズパーク

レストランズパーク Restaurants Park

サシのみ、女子のみ、宴いろいろ。行きも帰りもラクチンな、レストランズパークで「呑む」を愉しむ

「呑む」レストランパーク

凛とした秋の風に誘われて、新宿・サシのみ。
いつもより深い話がしたくなる、美味美酒アリマス。

pagetop

酒誘う一品で二人、
ひつまぶしの前のお愉しみ。
14F 赤坂ふきぬき

いかにも通好みの見た目で酒を誘う、鰻屋の「肝焼き」(1本 540円)。日本酒にいく前に、生ビール「キリンブラウマイスター」(中 720円)で喉を鳴らし、酒宴の幕を開ける。

この一串に、いったい何匹分の肝がひしめき合っているのだろう。職人が早朝から奥の厨房で捌く大量の鰻の肝を丁寧に下処理し、串に刺してサッと焼いたら、秘伝のタレに付けては焼きを繰り返すこと、三度。すると、香ばしくてほろ苦い、物知り顔のこの酒泥棒は出来上がる。
噛みしめるほどに広がる旨味とコク。キリンブラウマイスターが喉を越え、クリーミーな泡の蓋で封じ込めていた華やかな香りを解き放てば、肝の苦味とホップの苦味がぶつかり合って調和して、奥深い境地へと――

とつとつと語り始めた、いつもはしない深い話。サシでやるなら、苦み走ったこの一品から。お一人さま1本限定の貴重品ながら、心配には及ばない。「肝わさ」、「うざく」と、日本酒進む美味が続々、あとに控える。
〆のひつまぶしまで、サシのみの夜はまだまだこれからだ。

ビール ワイン 日本酒 焼酎 ウイスキー サワー カクテル その他

埼玉の酒蔵で造るオリジナルの日本酒、その名も「ふきぬき」をぜひ

[写真左]肝わさ 720円下処理した鰻の肝をサッとゆで上げ、わさび醤油で味わうシンプルな一品。ツンと鼻にくるわさびの刺激をアクセントに、肝本来の旨味を堪能したい。提供は17:00から。
[写真右] うざく 1,300円蒲焼を、細かく包丁を入れ塩で程よくしんなりさせたきゅうりやみょうがとともに、自家製のちょっと甘めの三杯酢で。鰻の「う」と、「ざくざく」切ったきゅうりで「うざく」。すっきりとした味わいのオリジナルの酒、「ふきぬき」で。

赤坂ふきぬき

  • 新宿高島屋タイムズスクエア|レストランズパーク 14F
  • 営業時間
    ランチ 平日 11:00~14:00(L.O. 14:00)
        土・日・祝 11:00~15:00(L.O. 15:00)
    ディナー 平日 14:00~23:00(L.O 22:00)
         土・日・祝 15:00~23:00(L.O 22:00)
  • 電話番号
    03-5361-2028
  • 夜景が楽しめる個室あり
  • 個室:1室
  • ショップページを見る
  • [月刊ぐるめガイド] 過去記事を見る

サシのみの幕開け飾る、
目にも美しい〝花の〟刺し盛り。
13F 築地玉寿司

あでやかに咲く、まるで白、紅、橙の薔薇のよう。つい写真に収めたくなる「三花盛り」(2,700円)は、イカ、マグロ、サーモンを花のカタチに盛り付けた、この特集のために考案された10月限定提供の刺し盛りだ。ぜひ“超辛口”を謳う「日高見」(一合 918円)で。

暖流と寒流が交わる一大漁場、金華山沖から魚が揚がる漁港町、宮城石巻の平孝酒造が醸すこの酒は、魚と出会ってこそ本領を発揮する。しかも、辛口ながら米由来の甘味を確かに感じさせるふくよかさを併せ持つため、魚の味わいを幾重にも引き出し愉しませる。

さて、「三花盛り」。崩すのがいささかもったいない心持ちはするものの、譲り合いながら花弁を1枚ずつはがして職人の味と美への心意気もろとも口に運び、甘やかされることなく超辛口の一杯で流し込みたい。

折しも秋薔薇が咲き頃を迎え、玉寿司で咲き競う美しい薔薇はサシのみの会話を華やかに盛り上げる。

ビール ワイン 日本酒 焼酎 ウイスキー サワー カクテル その他

種類豊富な日本酒をあれこれ試したい

[写真左] 五色納豆 756円 ウズラの卵をポトンと落とした小粒の納豆を、寿司に使う新鮮なマグロ、イカ、いくら、歯応えも潔いたくあんに山芋を加えた五色の名脇役が取り囲む。醤油を垂らしてかき混ぜたら、海苔で巻いてパリッと。
[写真右] 築地特撰にぎり 3,780円〆は大トロ、中トロ、づけと、マグロがまんべんなく味わえる一番人気のにぎりで決まり。築地の新鮮なネタを網羅した全11貫(大トロ、たい、中トロ、あじ、づけマグロ、車海老、数の子、赤貝、穴子、うに、いくら)に、茶碗蒸しとお椀付。

築地玉寿司

新宿で味わう京都の四季。
茶事の気配漂う懐石を、サシで。
14F 京料理 福ろく寿

「特別懐石」(7,800円)は、名物の黒毛和牛の石焼も、旬の魚と京野菜を南禅寺豆腐と合わせる小鍋もどちらも味わえる全10品の京懐石のフルコース。
京都の四季の移ろい伝える小鍋にはこの時季、少し苦味の効いた壬生菜や丸々太った戻り鰹、ふっくらと出汁を吸ったお揚げさんが入り、南禅寺豆腐とともに穏やかな湯気を漂わせる。
ここはやはり、京都生まれの酒米“祝”で醸した京都伏見の酒 「英勲 古都千年」(一合 1,250円)を、冷やでクイッと。
竹筒の酒器をくぐって少し青い香りを身につけたキレのよさと程よい辛さが特徴のこの酒で、戻り鰹も黒毛和牛も胃の腑にすとんと落ちていく。
ボリューム添える黒毛和牛はしかも、脂を外して丁寧に下処理するため、思いがけずあっさりいける。

茶事に端を発した懐石らしく抹茶で〆るのが、ここの流儀。甘味をこの特集に合わせて作られた「丹波の栗と黒豆 菊花葛まんじゅう」(下段参照)に替え、華やかなサシのみのエンディングを飾りたい。

【コース内容】先付 / 前菜 / 向付 / 煮物椀 / 炊合せ / 強肴(黒毛和牛の石焼、じゃこサラダ) / 小鍋(壬生菜、油あげ、戻り鰹) / 食事 / 甘味 / 抹茶

※16:00以降はサービス料別途10%

ビール ワイン 日本酒 焼酎 ウイスキー サワー カクテル その他

梅酒あり。京都の地ビールも3種揃う

[写真左]特撰 京野菜ミニコース 3,500円前菜、向付、煮物椀、小鉢、口取り、食事、甘味…と、ミニとはいえ品数豊富。京野菜をふんだんに使った品が少しずついろいろ味わえる。10月には、京都府だけで栽培される黒大豆の枝豆、紫ずきんや壬生菜などが膳をにぎわす。
[写真右]丹波の栗と黒豆 菊花葛まんじゅう(抹茶付き) 840円京都の秋を代表する丹波の栗や黒豆を、菊の花とともに練り上げた葛まんじゅう。菊の香りに栗と黒豆の自然な甘み。添えた菊葉の天ぷらもほのかな苦みで秋景色を紡ぎ出す。サシのみの〆に相応しい期間限定(10/4~10/24)、1日20食限定の一品は、抹茶とセットで。
※16:00以降はサービス料別途10%

京料理 福ろく寿

いつもと少し違う名物かき揚を、
秋の味覚が盛り立てて。
14F 木挽町 天國

天ぷらにワインを合わせるという、老舗からの意表を突く提案だ。
とはいえ、そこは一本筋が通り、日本固有のぶどう品種、甲州を使った辛口の勝沼ワイン、 「アルガブランカ(白)」(一本 4,800円 / グラス 780円)をセレクト。ワイン合わせが難しい醤油やわさび、味噌にもしっくりくる、和食とことのほか相性のよい1本だという。

素材使いに精通する料理長の手に掛かると、胡桃を戴くカマンベールが前菜の皿にのったり、焼物に北海道の郷土料理、秋味のちゃんちゃん焼が顔を出すなど料理の垣根はあっさり超えて、ひたすら“美味い”が押し寄せる。その名は、「秋の味覚料理の集い」(5,400円)
芝海老が桜海老、貝柱が白魚に替わる限定ものながら、明治18(1885)年の創業以来変わらぬ名物、「かき揚」という絶対的な主役を秋の味覚料理が盛り立てる、料理長渾身のコース料理だ。
一品一品に使われている素材を二人で想像したり、ワインと和食・天ぷらとの相性に驚きつつ、味覚の秋をまるごと楽しむべし。
内容は仕入れで変わる。当日のお楽しみだ。

【コース内容】前菜三種 / お造り三種/ 焼物 / 酢の物 / かき揚(桜海老、三つ葉、白魚) /肉いなり

ビール ワイン 日本酒 焼酎 ウイスキー サワー カクテル その他

女性には梅酒という選択もあり

[写真左]天國かき揚 2,376円芝海老に貝柱、三つ葉…と、いたってシンプルなタネで作るかき揚は、天國創業以来の味と技を守り続ける名物料理。コーン油の軽やかさでカラッ!サクッ!と弾け、厳選の胡麻油が香ばしい風味をプラスする。
[写真右]お造り三点盛合せ 3,888円築地から仕入れる目利きのネタが集う造りは、天ぷらに次ぐ自慢。旬魚3種はその日の仕入れと天ぷらとのバランスで内容日替り。

木挽町 天國

和牛、天ぷら、手まり寿司…
サシでやる、〝美味い日本〟。
14F 京都 美先

白い皿をキャンバスに見立てた、絵画のようなコース料理。フレンチかと見紛うが、メインのステーキには手まり麩や紅葉麩があしらわれ、視線を奥に移せば天ぷらや手まり寿司が続いて、ここが和食の店であることを思い出させる。
「日本を楽しむ特別コース<Recommend course>」(6,800円)はその名の通り、日本を代表する美味がまんべんなく味わえる、店イチオシのコース料理。ステーキと天ぷらが両方付くというボリュームで男性を満足させる一方で、ちょっとずついろいろ味わえ、女性の満足度も高い。
酒は延宝5(1677)年創業の京都伏見の老舗蔵、山本本家に特別に醸造してもらう、コクとキレを併せ持ったオリジナルの純米大吟醸、その名も「美先」(一合 1,580円)を。

入ってすぐ目の前に開ける大パノラマと平行に長く伸びるカウンター席を予約して、ここでは横並びのサシのみがいいだろう。眼下に広がる新宿御苑の奥、高層ビルの窓から漏れる幾千、万もの灯を眺めつつ酔い、多くを語らずとも気持ちが伝わる、そんな夜が更けていく。

【コース内容】おばんざい4種 / 刺身2種盛り / 天ぷら / 黒毛和牛のステーキ / 手まり寿司 / 本日の甘味

ビール ワイン 日本酒 焼酎 ウイスキー サワー カクテル その他

[写真左]黒毛和牛ステーキ 万願寺唐辛子ソース(コース) 6,800円メインは万願寺唐辛子のソースで味わう黒毛和牛のステーキ。唐辛子とはいうものの、万願寺唐辛子は京野菜の中でも甘味と風味が際立つことで知られ、辛さはない。前菜4種、刺身2種、鯛茶漬け、甘味で〆る贅沢さで、「夜のおごっ惣」の一番人気。
[写真右]イセエビ黄金焼(コース) 4,900円魚介気分の日にはこちら。半身に割ったイセエビに卵を使った自家製ソースを塗って焼き上げる黄金焼きがメインを飾る。イセエビの身がほろっと大きく殻から外れ、食べ応えも十分。

京都 美先

「サシのみ」ならこの4店も!