レストランズパーク 月刊ぐるめガイド レストランズパークの「美味しい!」を毎月旬のテーマ、3つのお店でご紹介 特典付きで、各月1日更新デス

14F 名代とんかつ かつくら 京都三条

はんなりやさしいとんかつを、京野菜のおばんざいとともに

鐘馗さん(*)と長刀鉾の粽(*)に守られる入口の暖簾を分け入ると、右手の酒屋格子には甍の波を見下ろす八坂の塔の絵。二つ目の暖簾をくぐった先には厨房とテーブル席の間を貫くかのように長い通路がのび、その様子は “うなぎの寝床” と表される、まるで京町家。
ここは名代とんかつ かつくら。京都三条に本店を構える、京風情漂うとんかつのお店です。

山形・平田牧場の金華豚、鹿児島・やごろう豚、国産豚肉を使用し、油を選びパン粉にこだわってカラッと揚げるかつ。ご飯には消化を助けるという押し麦を2割混ぜるなど、「ヘルシーとんかつ」をコンセプトに掲げます。

そして、もう一つのコンセプト「京都の四季」は、多くのメニューでかつと一緒に供される京野菜を多用した一品やおばんざいが雄弁です。

さて、季節感を満喫するなら、お昼には『京の四季弁当』を。松花堂の4つのお部屋にかつとふんわり上品な京風だし巻、さらに季節の品々が同居。この冬は柚子味噌で食す聖護院大根の風呂吹きと、金時人参やキャベツ、海苔や蟹の身をごまドレッシングで和えたおばんざいで京都の冬を堪能させてくれます。

また、主役のかつがボリュームたっぷりに味わえる新宿店限定『かつ会席』ならば、湯葉饅頭とともに熱々の蟹あんでいただく聖護院大根が心の奥底までほっこりと温めてくれることでしょう。

花が咲いたかのように衣の角が立ったとんかつと大海老が、ふわふわキャベツを枕にして登場する看板メニュー『名物かつくら膳』をはじめ、麦ご飯、キャベツ、味噌汁はお替り自由。ごまを自分好みにすりながら、かつの到着を待つのがここの流儀です。

*鍾馗さん…京都で小屋根に飾る魔除けの神さま 
*粽(ちまき)…祇園祭で販売される疫病災難除けのお守り

Check Menu

※メニューの写真をクリックすると詳細表示されます。

※食材は季節により異なります。
※仕入れの状況により、メニュー内容が変更になる場合がございます。ご了承くださいませ。
特典
かつにはやっぱりコレ、生ビール!
生ビールまたはソフトドリンクを1杯サービスいたします。
有効期間:2017年1月2日(月・休)~31日(火)

矢印 詳しい特典の使い方はこちら

名代とんかつ かつくら 京都三条 名代とんかつ かつくら 京都三条
フロア
14F
電話番号
03-5361-1878
営業時間
ランチ  11:00~17:00(L.O. 17:00)
ディナー 17:00~23:00(L.O. 22:00)
座席数
54席

詳しくはこちら

※掲載の内容は2016年12月時点の情報です。